風都探偵ときめの正体を考察!エターナルや裏風都との関係は?

こちらの記事では漫画「風都探偵」に登場するときめの正体に関する考察を紹介しております。

 

その美貌で翔太郎のみならず、我々読者も魅了していく作品きっての美女。

ここではそんなときめの魅力について考えてみましょう。ゾクゾクするねぇ…。

目次

風都探偵のときめの正体を考察!

漫画版仮面ライダーダブルのヒロイン、そしてキーパーソンとなるときめ。

作品のメインターゲットが子供向けの特撮版から一転、セクシーな魅力に溢れる彼女の正体とは!?

徐々に明かされていくその正体について考察してみました。

ときめの正体は何者?

ときめの正体は単行本12巻を過ぎた本編中でもいまだ判明していません。

裏風都だけでなく、敵幹部のリーダー的存在でもある万灯雪侍とも深い関わりがある様子が示唆されています。

 

特撮版だったら2人の役どころは須藤兄妹のような兄と妹といった感じで描かれるのでしょうが、風都探偵はお色気アリアリの作風。

そんな事情から元々は恋人同士だった…なんて展開も十分にあり得るワケですね。

この先、翔太郎を含めた三角関係に揺れるときめなんて描写も…!?

 

風都探偵の第1話にて、まるで運命的とも言えるような出会い方をしたときめと翔太郎。

2人の関係の行き先が風都探偵の見どころの一つです!

ときめが持っていたガイアメモリは…ジョーカー!?

ときめが持っていたガイアメモリは壊れており、最初はどんなメモリなのかわかりませんでした。

 

しかしフィリップが修理したところ、なんとジョーカーのドーパントメモリであることが発覚。

ときめはまさかのジョーカードーパント!?と思われたが、ときめの体にガイアメモリのスロットが見つからないため、その可能性は早々に否定されたのでした。

 

…本当に何もないのだろうか?

体にメモリのスロットこそ無いものの、それは適合率の高さとは無関係みたいなことならありそうじゃないですかね?

裏風都という名前からして、表の方に対応した表裏一体の存在としてときめがいるのかもしれませんし。

 

2枚のジョーカー(ときめと翔太郎)が出会ってしまった。

もし本当にときめがジョーカーなら、それは切り札なのかババになるのか!?…みたいな。

裏風都の核心に迫るカギはときめ…!?

ガイアメモリを使い続けた者は人間である時にも超常的な力を発揮することがあります。

そういった力に覚醒したものはハイドープと呼ばれ、メモリの限界を超えた力を発揮できると言われています。

 

3巻・25話にて、ときめの口からその名前が語られました。

記憶喪失であるはずのときめが言ったことで、元からその名前を知っていたことが明らかになりましたね。

どう考えても裏風都でその言葉を知ったであろうときめですが、そこについては語られず。

これは興味深い。

特撮版では、人間態の時にドーパントのような力を発揮していたことで知られる園咲琉兵衛や若菜。
テラーの能力で翔太郎を恐怖のどん底に(特撮版45話)、クレイドールの光弾で一般人を攻撃していました(特撮版最終回)

こういった特撮版から詳細に語られずとも、設定の上で存在していることから世界観の深さがうかがえます。

ときめとエターナルの関係は?

仮面ライダーWで「エターナル」と言えば、大道克己が変身した仮面ライダーエターナル

映画「AtoZ 運命のガイアメモリ」でダブルとアクセルを散々苦しめた強敵として、今も語り継がれています。

 

さて、そんなときめは実はダブルvsエターナルの戦いを目撃していたことがわかっています。

映画でも鳴海探偵事務所を頼った風都の住人たちが応援に駆けつけた、あの戦いです。

 

…が、こちらについても真相は明かされないまま。

裏風都から現れた時にあの場面に遭遇したのか?

それともNEVERや財団Xとの関係で風都タワーにいたのか?

この辺りはかなり重要な謎になりそうです。

 

実はちょうど風都に初めて出てきたのがあの場面、とかだったらありそうな感じしませんかね?

サイクロンジョーカーゴールドエクストリームになった時のあの風が吹いた時、裏風都でも大きな何かが起きていた。

その時に裏風都から逃げてきたのがときめだった。

みたいな展開ならちょっと考えられそうな気もします。

ときめと翔太郎の関係がムズキュン?

特撮版からお馴染みの設定として「ハーフボイルド」という非常に徹しきれない主人公・左翔太郎。

弱気を助け強気をくじく、義理人情に厚いその性格は風都の名物…と呼んでも差し支えないハズ。

 

そんな翔太郎が第1話で一目惚れしたのがT字路の魔女こと、ときめ。

事件の解決をキッカケに2人の心は惹かれ合うことに。

 

誰がどう見ても両想いのときめと翔太郎。

だが翔太郎の恋愛に関する傾向は悲恋に終わることが多く、フィリップもそれを指摘している場面もありました。

 

そのためか、ときめに素直に気持ちを伝えられないでいる翔太郎に周囲もヤキモキ。

だからこそ、余計に万灯雪侍との関係が気になるんですよね〜!

ときめのかわいいシーンをおさらい!

風都には悪女が多いと揶揄されがちなこの作品。

ときめは本当に悪女なのでしょうか?

シリアスだけじゃない、そんなときめの見せる可愛らしさに注目してみましょう。

探偵助手としてのときめ

最初の事件以降、鳴海探偵事務所で働き始めたときめ。

翔太郎の助手として探偵のイロハを学んでいくことになりました。

 

最初の方では調査についてまだまだわからないことも多く、ダブル・アクセルに関する基本的な情報はメモ帳に書いてありました。

勉強熱心に翔太郎についていこうとするときめが健気ですが、仮面ライダーダブルを知らない読者に目線を合わせているようなカタチですね。

まさかの変形にときめもビックリ!

仮面ライダーアクセルがバイクに「変形」することを知らなかったときめはその光景を実際に見てドン引きビックリ!

メモ帳には「うち(亜樹子)の旦那はバイクになります」を「バイクにのります」の間違いだと思っていたため、こんな事態に…。

 

そのビックリした顔は完全にシリアスから外れて、目を大きく見開いていました。

まぁ、普通なら(変身したとしても)人がバイクになるとは考えないので完全に想定外ということで…。

漫画版は特撮版とは違ってこういったコミカルな描写もできるのが面白いところです。

ときめと翔太郎の恋は成就するのか?

いつでもクールに、そしてハードボイルドに決めたい!

それなのにどうしてもアツくなってしまうナイスガイ。

そんなハーフボイルドこそが翔太郎の魅力なのは言うまでもありません。

 

しかしハーフボイルドである翔太郎だからこそ、2人の最後はハードボイルドな結末を選ばざるを得ない…。

そんなビターな展開をどうしても連想してしまいます。

 

映画・ビギンズナイトで、別世界の鳴海荘吉に「帽子の似合う良い面構えをしている」とすでに一人前認定を受けている翔太郎。

だからこそ、最後の最後でハードボイルドに辛い選択をビシッと決めることになるのかもしれません。

まとめ

以上、ときめの正体に関する考察でした。

 

2022年3月時点で12巻までリリースされましたが、肝心の謎は未だほとんど明かされていないのが現状。

現時点でのときめに関する謎をまとめてみました。

  • ときめの苗字は?
  • そもそも本名なのか?
  • ときめに家族はいるのか?
  • ときめはなぜ風都に現れたのか?
  • ときめと万灯雪侍はどんな関係なのか?
  • ときめはなぜダブルとエターナルの戦いを見ていたのか?
  • ときめが壊れたガイアメモリを持っていた理由とは?
  • ときめが持っていたジョーカーメモリが壊れた経緯とは?
  • ときめの体にメモリのスロットは本当にないのか?
  • ときめも変身するのか?
  • そして…翔太郎はときめと添い遂げられるのか?

…などなど。

 

2017年から連載が始まり、まだまだ謎が謎を呼ぶ展開となっています。

風都探偵もアルファベット全てを網羅してストーリーが終わるのだとしたらまだ半分くらい?

 

ときめに関する謎は数えあげたらキリがありません。

真相は順次追加していく予定です。

数え切れる日が来ることを祈りつつ、明かされる日を待ちましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる