わたしの幸せな結婚(小説版)3巻第1章のネタバレあらすじに感想も

こちらの記事では、わたしの幸せな結婚3巻第1章のネタバレを紹介しております。

ネタバレなしで楽しみたい方向けに、ebookjapanなら格安で読めるんです!

クーポンも充実!▼
▼読み放題漫画もあります!

目次

わたしの幸せな結婚3巻第1章のネタバレを紹介!

前のお話はこちらからどうぞ!

あわせて読みたい
わたしの幸せな結婚(小説版)3巻序章のネタバレあらすじに感想も
わたしの幸せな結婚(小説版)3巻序章のネタバレあらすじに感想もこちらの記事では、わたしの幸せな結婚3巻序章のネタバレを紹介しております。ネタバレなしで楽しみたい方向けに、ebookjapanなら格安で読めるんです!▼クーポンも充実...

第1章:義父と招待

出会い

季節はすっかりと秋に。

帝都にも過ごしやすい風が吹いています。

美世と葉月は本日、街に買い物に来ていました。

「買い物が出来て良かったわね。」

葉月が言うと、美世は微笑んで頷きます。

「はい。お義姉さん、お付き合いいただきありがとうございました。」

毎週2.3回の勉強会で、すっかりと仲を深めた美世と葉月。

勉強の息抜きにとデエトをしたのでした。

今日はデパートに行き、なんと洋服を買った美世。

美世は和服しか着たことがありませんでした。

今まで興味はあっても、着る機会も買うお金もなかった洋服…。

しかし今回、葉月に背中を押されて購入に至ったというわけなのです。

「旦那さまはどうおっしゃるかしら…?緊張します。」

そんな不安そうな美世に葉月は力強く主張しました。

「とても可愛らしかったので大丈夫!自信を持って!そして慣れたら今度はドレスね!」

そんな賑やかで楽しい会話を続ける美世と葉月。

そろそろ帰ろうと、自動車置き場のところへと歩いて向かいます。

すると前方を歩いている大荷物の男性が、不意によろけた姿が目に入りました。

「あっ!」

つい声を上げてしまった美世。

「大丈夫かしら?…あら?あの後姿は…。」

同時に葉月も言葉を発します。

そのうちに男性は道端にしゃがみ込んでうずくまってしまいました。

”具合が悪いのかもしれないわ?”

美世は慌てて男性に駆け寄ります。

もちろん葉月も。

「大丈夫ですか…?」

美世は、男性の背中に手を当てながら声をかけて顔を覗き込みます。

すると美世は男性の顔を見て息を吞みました。

その顔色は真っ青…。

しかしそれ以上に美世を驚かせたのは男性の顔立ちです。

整った顔立ち、色白、中性的。

”似てる…?”

一瞬そう思いましたが、目の前の苦しそうな表情に、一気に焦りの感情が湧きあがります。

「あ、ありがとう。親切なお嬢さん。いつものことなんだけどね。」

そうたどたどしく話す男性。

ちょうどそこに自動車を呼びに行っていた葉月が戻ってきました。

そしてその男性の顔を見て驚きの声を上げます。

「まさか?お父さま?」

男性は葉月を見るなりゴホゴホとせき込みました。

「あれ?僕のかわいい娘の幻覚が見えるなあ。」

不思議なことを口走る男性。

すると葉月が呆れたように呟きます。

「もう、何を馬鹿なことを!どうしてこんなところへ?取り合えず清霞の仕事場が近いから、そこで休ませてもらうわよ!」

このやり取りを、美世は呆気に取られて見つめていました。

”病院に行かなくてもいいのかしら?旦那さまの仕事場に行っていいのかしら?”

義父

「病院はムダよ。清霞だって無関係じゃないのだからいいのよ。」

そう美世の不安を一蹴した葉月。

皆を引き連れて、強引に対異特務小隊の屯所に来ていました。

応接室に呼び出された清霞はもちろん迷惑そうに3人を迎えます。

「勤務中だぞ。いい迷惑だ。」

面倒臭そうな清霞の顔見て、申し訳なくなる美世。

「旦那さま。あの…ごめんなさい!」

そう言って必死に謝ります。

すると清霞は美世にだけ微笑みました。

「お前のせいではない。悪いのは姉たちだからな。」

清霞は美世以外の2人を睨みます。

葉月は悪びれることなくすまし顔。

そして男性はパッと目を輝かせました。

「久しぶり。清霞くん!会いたかったよ!…げほっげほっ!」

男性の顔色はまだ悪いまま…なのに清霞に近づこうとして、激しく咳込んでしまいます。

「はあ。頼むから大人しくしていてください。」

清霞は大きなため息をつきました。

それから、一呼吸置いて美世の方を向きます。

「美世。そういうわけで、この顔色の悪い中年が、私たちの父親。先代当主久堂正清だ。」

先程葉月の発した「お父さま」という呼び声を聞いていた美世。

しかも容姿が清霞に似ていると感じていたため、目の前の男性が清霞の父親であることは予想できていました。

しかし、中年には見えない若々しく美しい容貌で、清霞の兄弟のようにも見えていたので、やはり驚くのでした。

「初めまして。斎森美世と申します。」

正清に丁寧に会釈する美世。

「初めまして。僕は葉月と清霞の父親だよ。久堂正清といいます。」

正清はよろしくと自分の手を美世に差し出します。

緊張しながら、美世はおそるおそる握りました。

”細いわ!”

その細さに驚く美世。

細面と言えど、軍人として鍛えている清霞は意外とがっちりしており、手のひらも厚くなっていました。

しかし正清はとにかく線が細く、皮膚も透き通るように薄かったのです。

顔つきは似ているものの、美世は両者の身体つきの違いを実感しました。

「美世、迷惑をかけてすまないな。父は虚弱体質なんだ。」

清霞の言葉に葉月も続きます。

「だから病院に行っても一緒なのよ。」

やれやれという表情の清霞と葉月。

それとは対照的に、正清は美世に明るく笑いかけました。

「美世さん。ごほっ。会えてよかった。げほっ。心優しい義娘で僕はなんて幸せなんだろう!ごほごほ。」

能天気な正清に、清霞も葉月もかなり呆れている様子です。

「どうしてこっちに?何用だ?」

話が進まない状況に、清霞はしびれを切らしてそう尋ねました。

「僕は君たちに会いに来たんだよ。」

すると身を乗り出すようにそう答える正清。

正清は地方の別邸に住み、葉月は帝都中心部の久堂家本邸に、清霞は郊外の別宅に…。

現在ばらばらに住んでいる3人。

なので正清は今回、息子と娘、そして美世に会いに来たと言うのでした。

「あらかじめ連絡をくれてもいいんじゃないかしら?」

葉月はそう言います。

すると正清は”抜き打ち”だよとへらへら。

「迷惑だ!」

清霞と葉月からそんなクレームがついたのは当然のことなのでした。

清霞は仕事中だということもあり、美世と葉月、そして正清は久堂家の本邸に移動してきました。

”大きすぎる…!”

あまりの大豪邸に驚く美世。

実は美世にとって、久堂家本邸へ訪問することは初めてのことだったのです。

久堂邸は何から何まで西洋風の邸宅で、美世はすっかり緊張してしまいました。

「ごめんね。美世ちゃん。」

葉月はこの突然の出来事について、美世に謝ります。

「いえ、いろいろ驚いただけです。それに旦那さまのご両親にお会いしていないことが本当は気になっていたんです。」

”ご両親にきちんと挨拶して、良好な関係を築きたい!”

実は美世はそう思っていたのです。

なので、正清が会いに来てくれ、優しく接してくれることは予想外の嬉しいことだったのでした。

しかし、美世には1点だけ気になっていることがあります。

実は正清こそが清霞との縁談を持ち込んだ調本人。

なのでどうしても聞いて確認したいことがあったのです。

豪奢な談話室に移動した3人はソファに座ってようやく落ち着きました。

そこで美世は自分から口を開きました。

「あの…。わたしで良かったのでしょうか?」

美世の問いに正清は首をひねります。

「美世さん?それはどういう意味かな?」

そこで美世は言葉を続けました。

「わたしは実家ではいない者として扱われてきました。斎森家の娘と言うのは妹のこと…。」

「わたしがこちらに来たのは、ほんの偶然だったのです。」

美世はなけなしの勇気を振り絞り、ゆっくりとそんな話をしました。

「だから、実は自分はお呼びではなかったのではないか…そう聞きたいのかい?」

美世の話を聞いて、正清はそう尋ねました。

「は、い…。」

改めて言葉で聞くと胸が痛い事実。

美世は自分ではなかったと言われるのが怖くて俯いてしまいました。

しかし正清は美世の頭をふわりと優しくなでて言います。

「確かに僕が聞いたのは君の妹のことだったと思う。でも、君のことも知っていたんだよ。」

美世は、初めて聞く事実に、思わず頭を上げました。

「だからあえて誰とは指名せず、娘さんを、と申し出てみたんだ。」

聞けば、清霞が一向に結婚しないので焦った正清。

運を天に任せる気持ちでそう言ってみたそうなのです。

「斎森家にも、美世さんにも失礼をして本当に申し訳ない。でも後悔はしてないよ。清霞を変えてくれた。君で良かった。

その言葉に美世は目を瞬かせました。

”旦那さまが?変わった?”

驚く美世…。

「美世さん。君が不安になることはないよ。僕は君で心から良かったと思っているし、感謝しているんだよ。」

優しい正清の言葉に胸がいっぱいになる美世。

「あり…がとう、ございます。」

こみ上げる嬉しさと安堵感で、お礼を言うのが精一杯です。

「芙由ちゃんも、今はへそを曲げているけど、きっと美世さんを受け入れてくれるよ。」

正清の優しさに幸せを感じていた美世でしたが、突然話に出た聞いたことのない名前にどきりとします。

「芙由…ちゃん?」

それはどうやら彼の妻の名前…つまり清霞と葉月の母親…義母の名前のようです。

その名前を聞いた瞬間、心底嫌な顔をする葉月。

正清は明らかに示された嫌悪感を気にすることもありません。

それから、話題も変わり、他愛もない話を続ける葉月と正清。

そして美世はそれを黙って聞いているだけでしたが…でも楽しい時間でした。

そうこうしているうちに時が過ぎ、日が傾きだすと、仕事を終えた清霞が本邸にやって来ました。

「お疲れさまでした。旦那さま。」

美世が出迎えてそう労うと、急いでやって来た様子の清霞は口元を緩ませて「ああ」と美世を見つめます。

そして美世に聞きました。

「父に何かされなかったか?抱きつかれたり手を握られたり頭を撫でられたり…?」

1つ心当たりがある美世。

その質問に一瞬ぎくりとしました。

清霞はそれを見逃しません。

「されたな?わかった。あのどうしようもない父親をいますぐ灰にするからな。」

そう言って手からポッと青い炎を出します。

「だ、だめです。旦那さまが人殺しになっちゃいます。」

美世は清霞の腕を引いて必死に止めようとしました。

「仕方ない。奴の言い訳を聞くとするか。」

必死な美世の訴えに負けた清霞。

炎を封じ込めると夕食が準備された晩餐室に美世と向かうのでした

お誘い

晩餐室に入ると、そこにはにやにやしながら出迎える葉月と正清がいました。

「ずいぶんとゆっくりだったのね。」

「出迎えの熱い挨拶を交わしていたんじゃないかな。」

口々に冷やかします。

せっかく収まった清霞の冷気に慌てる美世。

「旦那さま。」

そう呼びかけて着席を促しました。

美世、清霞、そして葉月と正清。

皆が集まったので、ようやく夕食が始まります。

献立はそれぞれに合わせて違う内容で作られていました。

美世はその素晴らしい料理に驚きながら、何か参考にできないかとせっせと箸を動かします。

食事がある程度進んだところで、清霞が正清に視線を合わせて口を開きました。

「昼間聞き損ねた件だが…なぜこちらに?」

すると正清は、美世と清霞に向かって言いました。

「二人を、僕と芙由ちゃんが住む別邸に招待しようと思って来たんだ!」

それを聞いて驚く美世!

…しかし、清霞も葉月もそれは予想していたのか、全く動じませんでした。

「断る。」

ぴしゃりと答える清霞。

「…がしかし。そうも言っていられなくなった。不本意ながら、その招待を受けよう。」

清霞はそう嫌そうに言葉を続けました。

仕事でやむを得ない事情がある。別邸はついでに過ぎないが。」

そのやり取りを受けて、美世は清霞に尋ねます。

「お仕事なのに、わたしがご一緒して良いのでしょうか?」

自分が邪魔になるかもと不安な美世。

その美世の不安を吹き飛ばすように、清霞は少し微笑みます。

「大丈夫だ。お前が来ても問題ない。」

こうして、美世と清霞は別邸に訪れることになったのでした。

依頼

食事を終え、帰宅しようとした美世と清霞。

そこに正清がやって来ました。

去り際、正清は最近別邸の近くに不審者がでるので、できればなんとかしてほしいと清霞に頼みにきたのです。

実は清霞は父親の正清に対して複雑な思いを抱いていました。

その複雑な思いというのは、母親である芙由を野放しにしていた正清への不信感…。

なので、清霞は、これまで父親へはぶっきらぼうな対応しかできませんでした。

正清の話を聞きながら、堯人から依頼された仕事…「怪奇現象への対処」のことを考える清霞。

それが先ほど言っていた今回の任務。

そして怪奇現象が見られている場所は別邸のすぐ近くということだったのです。

おそらくそれは、正清の依頼と何か関係がある仕事なのだと清霞は考えました。

そんな予感がしたのです。

それでも今までなら「自分でなんとかしろ」と正清の依頼など切り捨てて終わりだったはずでした。

しかし今回は違います。

「考えておく。」

無下に断る返事はしませんでした。

それは美世と出会って考えが変わったから…。

美世に会って実感したのです。

たとえ溝があろうとも、親にきちんと言葉が通じ、向き合う機会が与えられていることは幸運なことだということに。

なので、正清とも、そして嫌悪感を抱いている母親・芙由とも、もう一度だけ向き合ってみようと思ったのでした。

第1章の感想:お義父さまの登場。でも義母は怖そう?そして堯人の依頼って?

今回は淡々と進んだ感じのお話でした。

ちょこちょこ清霞の美世に見せる愛情が読み取れて、結構ニヤニヤできました。

美世にだけ微笑むんですって!

清霞さまに微笑まれたら、もうそれはイチコロですよね…。

微笑まれたい…。

…と話は脱線しましたが、義父である正清との出会い、そして食事、別邸へのお誘い。

特に波乱もなく、心を乱すことなく読めた第1章でした。

久堂家本邸の素晴らしさや出てくる食事の描写の細かさ。

そして絵を見ずとも伝わる人物の肖像。

ドキドキの展開がない代わりに、これらがしっかりと細かく書かれていて、読み応えありましたー!

ですが、一応、不穏な雰囲気も醸し出してましたね。

”芙由ちゃんがへそを曲げている…”とか、”怪奇現象の仕事…”とか。

気になる内容がふわっと書かれてありました。

おそらくそれは第2章以降のお話に繋がってくるはずですね。

せっかく穏やかな気持ちで読めた第1章でしたが、第2章からはどうなるか…。

でも、小説は、やっぱりドキドキしてハラハラしてキュンキュンしてなんぼですよね!

…ということで、さっそく次の第2章に突入です。

この続きは文章よりも今すぐマンガでドキドキしてみませんか!?

この後紹介するebookjapanを利用することで、「わたしの幸せな結婚」をおトクに読めちゃうんです。

「わたしの幸せな結婚」の試し読みや電子書籍でおトクに読む方法は?

コチラのサービスでは、待たずに最新の人気マンガ・小説を楽しむことができます。

もちろんどの作品も試し読みが可能なんです。

さらにマンガだけでなく、好きな映画や音楽も格安で楽しめるところも増えてますのでのぞいてみる価値は十分です!

すべてのサイトでお試しすれば、格安で全巻読破も夢じゃ有りません!

ebookjapan

世界最大規模の配信サービス、ebookjapan。

ただでさえ書籍の配信数が21万冊という超・大ボリュームというのに加え、その中でも漫画は他を圧倒する21万冊!

漫画をスマホで楽しみたいすべての方にオススメの配信サービスがebookjapanなんです。

  1. 無料作品が9000作品も読める!
  2. 漫画の背表紙で整理できるのはebookjapanだけ!
  3. 月額登録ではないので、読みたい作品だけムダなく楽しめる!
  4. もちろんクーポンも充実してます!
U-NEXT

コチラもテレビCMで放送されています。

マンガの購入価格の40%がポイントとしてバックされるのが大きいですね。

  1. 無料期間は31日間
  2. 解約手続きが超カンタン!
  3. マンガ全巻40%ポイントバック!
  4. 月額料金は2189円(税込)
コミック.jp

30日間無料のキャンペーン実施中!

マンガの配信数は国内最大級!話題の新刊や定番の作品も読めます。

無料期間中に1350ポイントがもらえるお得なサービスなんです。

さらに2021年6月1日18時までお試し期間にもらえるポイントが、通常675ポイント→1350ポイントにアップで超おトク!

  1. 30日間の無料お試しが楽しめる!
  2. 無料マンガは定期的に変わるので登録しておいて損ナシ!
  3. 購入金額の10%がキャッシュバック!買えば買うほどおトクに楽しめる。
  4. 無料期間中1350ポイントがもらえます!
  5. マンガをダウンロードしておけばいつでも好きな場所で読める
ブック放題
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9b380133b8c640ec25f3ff8b66234cc6.jpg

人気雑誌200誌以上、名作マンガは20000冊以上、さらに「るるぶ」を始めとした旅行ガイド誌100冊以上1ヶ月無料お試しで読める!

スマホやタブレットだけでなくPCでも利用可能なんです。

ブック放題はこれまではソフトバンクで利用できるサービスでしたが、それ以外のスマホやPCでも楽しめるようになりました。

  1. 一ヶ月間の無料お試しができる!
  2. 月額会員で500円(税抜)
  3. マンガの電子書籍にありがちなスマホのみ…ではなくPCでも読める!
  4. 全都道府県のるるぶが読み放題!(月額で一番安いんです!2020年11月時点)
FOD PREMIUM

ご存知フジテレビの運営するFOD PREMIUM。

ドラマの印象が強いですが、モチロン電子書籍も楽しめますよ!

もらえるポイントが多いのも特徴の一つです。

  1. 無料期間は2週間
  2. 月額976円(税込)
  3. マンガ全作品20%ポイント還元!
  4. もちろん無料マンガも充実してます!
  5. マンガだけでなく話題のドラマも見放題!

こちらの記事では、(タイトルを入力してください)の1話(←話数を入力してください)のネタバレを紹介しております。

ネタバレなしで楽しみたい方向けに、ebookjapanなら格安で読めるんです!

クーポンも充実!▼
▼読み放題漫画もあります!

タイトル1巻のネタバレを紹介!

これまでのあらすじ

1話:

1話の感想:

↓テンプレの下部分2箇所にもタイトルの入力をお願いします。(この行は必要無いので消してください)

この続きは文章よりも今すぐマンガでドキドキしてみませんか!?

この後紹介するebookjapanを利用することで、「タイトル」をおトクに読めちゃうんです。

「タイトル」をもっとおトクに読む方法は?試し読みもあります

コチラのサービスでは、待たずに最新の人気マンガ・小説を楽しむことができます。

もちろんどの作品も試し読みが可能なんです。

さらにマンガだけでなく、好きな映画や音楽も格安で楽しめるところも増えてますのでのぞいてみる価値は十分です!

すべてのサイトでお試しすれば、格安で全巻読破も夢じゃ有りません!

ebookjapan

世界最大規模の配信サービス、ebookjapan。

ただでさえ書籍の配信数が21万冊という超・大ボリュームというのに加え、その中でも漫画は他を圧倒する21万冊!

漫画をスマホで楽しみたいすべての方にオススメの配信サービスがebookjapanなんです。

  1. 無料作品が9000作品も読める!
  2. 漫画の背表紙で整理できるのはebookjapanだけ!
  3. 月額登録ではないので、読みたい作品だけムダなく楽しめる!
  4. もちろんクーポンも充実してます!
U-NEXT

コチラもテレビCMで放送されています。

マンガの購入価格の40%がポイントとしてバックされるのが大きいですね。

  1. 無料期間は31日間
  2. 解約手続きが超カンタン!
  3. マンガ全巻40%ポイントバック!
  4. 月額料金は2189円(税込)
コミック.jp

30日間無料のキャンペーン実施中!

マンガの配信数は国内最大級!話題の新刊や定番の作品も読めます。

無料期間中に1350ポイントがもらえるお得なサービスなんです。

さらに2021年6月1日18時までお試し期間にもらえるポイントが、通常675ポイント→1350ポイントにアップで超おトク!

  1. 30日間の無料お試しが楽しめる!
  2. 無料マンガは定期的に変わるので登録しておいて損ナシ!
  3. 購入金額の10%がキャッシュバック!買えば買うほどおトクに楽しめる。
  4. 無料期間中1350ポイントがもらえます!
  5. マンガをダウンロードしておけばいつでも好きな場所で読める
ブック放題
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9b380133b8c640ec25f3ff8b66234cc6.jpg

人気雑誌200誌以上、名作マンガは20000冊以上、さらに「るるぶ」を始めとした旅行ガイド誌100冊以上1ヶ月無料お試しで読める!

スマホやタブレットだけでなくPCでも利用可能なんです。

ブック放題はこれまではソフトバンクで利用できるサービスでしたが、それ以外のスマホやPCでも楽しめるようになりました。

  1. 一ヶ月間の無料お試しができる!
  2. 月額会員で500円(税抜)
  3. マンガの電子書籍にありがちなスマホのみ…ではなくPCでも読める!
  4. 全都道府県のるるぶが読み放題!(月額で一番安いんです!2020年11月時点)
FOD PREMIUM

ご存知フジテレビの運営するFOD PREMIUM。

ドラマの印象が強いですが、モチロン電子書籍も楽しめますよ!

もらえるポイントが多いのも特徴の一つです。

  1. 無料期間は2週間
  2. 月額976円(税込)
  3. マンガ全作品20%ポイント還元!
  4. もちろん無料マンガも充実してます!
  5. マンガだけでなく話題のドラマも見放題!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる