サヨナラゲーム(BL漫画)の1話から最終回までのネタバレに感想や考察も

こちらの記事では、BLマンガ「サヨナラゲーム」1話〜5話のネタバレを紹介しております。

ネタバレなしで楽しみたい方向けに、U-NEXTなら格安で読めるんです!

▼今すぐ40%クーポンをゲットして▼
▼サヨナラゲームを読む!

目次

サヨナラゲーム(BL漫画)のネタバレを紹介!

1話のネタバレ

妹の家庭教師

有村家の朝。

妹の菜々に受験勉強がはかどっているかを確認する郁央。

郁央は高校時代の後輩、松浩史に妹のために家庭教師をお願いしていました。

2人が話している後ろでは、高校野球の中継が流れています。

郁央は高校時代野球部でした。

懐かしそうに高校最後の夏を語り始めます。

しかし菜々は聞き飽きたと学校へ行ってしまいました。

その時、家庭教師をお願いしている松から連絡が!

松に会いに行くと、お父さんが倒れて家庭教師ができなくなったいうのです。

代わりに松と同い年で野球部後輩の伊藤要祐を紹介されました。

3日後、妹との顔合わせのために要祐は有村家に来ています。

伊藤がたくさんいて、郁央は要祐のことを覚えていません。

思い出そうと要祐のことを見る郁央。

あんまりジロジロ見ないでほしいと言われてしまいました。

約束の時間に遅れて帰ってくる菜々。

しかし要祐を見た瞬間…。

タイプだと目をキラキラと輝かせるのです!!

郁央は嫌な予感がすると思うのでした。

あこがれの人

職場ではぁ~と大きなため息をつく郁央。

同僚に聞かれていました。

ため息の理由は菜々が要祐にひとめぼれしたからです!

受験生なのに男と付き合う余裕なんかないとグチり始めます。

「有村くんの妹さんかわいいから心配する気持ちもわかる」

突然会話に入ってきたのは郁央の憧れの人、森川さんでした。

話を聞かれてドキッとしてしまいます。

森川さんはみんなの憧れの存在。

ライバルは多そうですが、郁央のことは気にかけている様子で…。

告白したらイケるかもよと同僚が言っています。

そのとき後ろからドンっと衝撃が!!

森川さんを狙っている久保田チーフが荷物の台車をぶつけてきました。

男の嫉妬はイヤだなと同僚と苦笑いです。

間違えたグラス

郁央が家に帰ると要祐がご飯を食べていました。

郁央は喉が渇いたとグラスに入っているお茶を飲み干します。

それは要祐のお茶でした。

いつも使っているグラスだから間違えたと!

新しいのを出そうとすると…。

これでいいと要祐が自分のほうにグラスを引いてしまいます。

郁央はその行動を不思議に思うのです。

そしてご飯を食べながら、郁央はなんとかコミュニケーションを取ろうとしますが…。

無理にコミュニケーションを取ろうとしなくていい。

先輩が俺のこと忘れてるのは気にしていない。

はっきり言われてしまいます。

かまわれるのがイヤならと言いかける郁央。

「そんなことないっ」

強いまなざしで要祐は反応します。

郁央は意外な反応だと思うのでした。

悩み

妹が要祐になついていることに嫉妬している郁央。

しかし先日ちゃんと目が合った強いまなざしの要祐を思い出します。

ここは兄として2人のことを応援してあげるべきか…。

悩みながら歩いていると、久保田チーフが森川さんに告白している現場に遭遇してしまいました!

物陰に隠れていましたが、森川さんに見つかってしまいます。

「付き合ってみたらどうです?」

郁央は森川さんに久保田チーフはいい人だと進めるのです。

森川さんはそうだねと悲しそうな顔で答えます。

同じ表情…。

仕事帰りの公園。

ブランコに座って今日の久保田チーフと森川さんとの出来事を思い出していました。

自分の気持ちは軽いものだったとため息をつきます。

そこに公園にバイト帰りの要祐が通りかかります。

隣のブランコに座ってきました。

郁央は今日の出来後を要祐に話します。

すると、昔からお人よしで変わってないと言われてしまいました。

そして高校1年の時に、誤解で野球部内でハブられかけた話を始めました。

その時に誤解を解いてくれたのが郁央だったと!!

あの時は本当に救われた。

ずっとお礼を言いたかった。

その話を聞いて、ようやく郁央は要祐のことを思い出します。

郁央は要祐のことをイイ奴だと元気になってきた様子。

「お前になら菜々のことを任せてもいいくらいには気に入ったぞ」

頭を撫でながら言うのです。

それを聞いた要祐は悲しそうな顔をしていました。

スーツのにおい

会社では、久保田チーフと森川さんが付き合い始めた話題が広がっていました。

先日の要祐の悲しそうな表情が森川さんと一緒だったことに気づく郁央。

何か変なこと言ったかなと思うのです。

自宅に帰ると要祐が居間でお茶を飲んでいました。

スーツの上着をバサッとソファーの背もたれに置きます。

それを見た要祐はシワになると指摘しますが、風呂のあとでいいと言われてしまいました。

脱衣所で洋服を脱ぎながら、要祐に対して何かが引っかかる郁央。

明日の仕事の確認を忘れていたことを思い出します。

居間に携帯を取りに行くと…。

スーツを抱きしめ、匂いを嗅いでいる要祐を見つけるのでした。

1話の感想・考察

高校時代の先輩郁央と後輩要祐のお話でした。

そこに郁央の妹菜々の恋心も絡んできて…。

三角関係に進展していくのでしょうか!?

要祐の郁央に対する態度も、まだ謎だらけですね。

郁央も要祐にモヤモヤした感情を抱いているようですし!

これからどのように話が進んで行くのか楽しみにしたいと思います。

2話のネタバレ

見つめる視線

仕事中も先日の要祐の行動について考える郁央。

同僚に他人の匂いを嗅ぎたいって思ったことがあるかをたずねます。

好きな人の匂いなら嗅ぎたいと思うのではないか!

そういえば先日の公園で、好きな人って言われたような…。

あれってそういう意味!?

郁央の悩みは深くなる一方なのでした。

家に帰ると菜々と要祐がソファーでお茶を飲んでいました。

模試が近いから時間を延長してもらっていると。

菜々は成績も上がっているようです。

要祐は郁央を目で追っています。

しかし目が合うと頬を真っ赤にしてサッとそらすのです!!

その反応で郁央は自分へ向ける要祐の気持ちに確信を持ちます。

郁央を見つめる要祐を、じっと見ている菜々でした。

少しのイジワル

来週に試験が迫った菜々。

菜々の部屋に2人で向かいながら、志望大学に受かった時の約束を要祐に念押ししています。

郁央の部屋を通り過ぎる時、ドアをじっと見つめていました。

その視線に気づいた菜々は…。

最近帰りが遅いこと。

職場に気になる人がいること。

大学時代は、よく女性と出かけていたこと。

昔から本当にモテると言うと、要祐は知っているの一言でした。

待つ要祐

仕事が忙しく、最近は帰りが遅い郁央。

家の前に人影を見つけます。

要祐でした!

郁央のことを待っていた様子です。

要祐の頬に触れた郁央は…。

「冷えてんじゃねぇかバカ!」

「今何月だと思ってんだ、風邪をひくだろ!?」

大きな声をあげてしましました。

何か用かと要祐にたずねると、野球のチケットを出してきました。

もうすぐバイトも終わるし、一緒に野球を見に行く機会ももうないからと…。

その時、郁央は要祐が自分に気持ちを押し付けえるつもりなんてないことに気づくのです。

笑顔でチケットを受け取り、楽しみだと伝えるのでした。

約束の日のトラブル

そして約束の日。

要祐に会うのもこれで最後だと思いながら帰り支度をしてました。

すると仕事でトラブルが!!

郁央はトラブル対応に行かないといけません。

そこで今日、携帯を忘れていることに気づきました。

仕事用の携帯で菜々に電話をします。

今日行けなくなったことを要祐に伝えてほしい。

要件だけを言い電話を切ってしまうのでした。

4時間35分の遅刻

トラブルが解決し会社を出る郁央。

菜々へ要祐に伝えてくれたか確認の電話をします。

しかし返答はしてない。

菜々は要祐を何度もデートに誘ったが断わられていました。

なのに郁央がデートするのはズルい!!

泣きながら訴えられるのでした。

約束の時間は過ぎてしまいましたが、待っている予感がして郁央は走り出します。

「4時間35の遅刻です。」

やはり要祐は待っていました。

どうして帰らなかったのか理由を聞くと…。

郁央は優しいから、きっと来るとよくわからない自信があったようです。

実際来てくれたと笑うのでした。

このまま帰したら後悔する気がした

郁央はそんなに自分のことが好きかと要祐にたずねます。

すみませんと顔をふせました。

引かれるかもしれないと思ったが、気持ちが止められなかった。

郁央は気持ち悪いとは思わないが、そんな風に意識したことがありませんでした。

想いを伝えることができてスッキリした要祐。

これで気持ちの整理がつけられると笑顔を見せます。

要祐は帰りましょうと立ち上がりました。

郁央の中に、自分でもよく分からない感情が湧いてきます。

同情なのか、それとも違う感情なのか。

しかし、このまま返したら後悔する気がした郁央は…。

「俺と付き合ってみるか?」

要祐の手をつかみ、告げるのでした。

2話の感想・考察

妹の菜々は要祐が好きなのでよく観察しています。

要祐が誰を好きなのか気づいて、イジワルをしてしまいましたね。

そしていい感じに振り回される郁央。

郁央も要祐の気持ちに気づきました。

どんな心境の変化なのでしょうか!

要祐の告白を受け入れます。

郁央と要祐の想いの熱量が違うように感じますが!!

これから2人の感情の変化も描かれていったらいいなと思います。

次回に期待です!

3話のネタバレ

きっかけ

要祐の家は厳しかったようです。

高校生の要祐は親からの期待やプレッシャーを抱えていました。

野球は子どものときから唯一興味のあるスポーツで、高校では絶対野球部に入ると決めていたのです!

同じ高校にはイトコのお姉さんがいます。

イトコは男子生徒に人気でした。

そして2人が話しているのを見ていた野球部員がいます。

部活は法事で休んだのに、遊びに行っていたとウワサ話が流れたのです。

これが部活でのハブられるきっかけになった話でした。

さらには監督にも疑われてしまい…。

厳しい練習も休みがないのも苦ではなかった要祐。

しかし、ここにも自分の居場所がないのかと思うのでした。

太陽の光

好きで入ったはずの部活が息苦しく感じるようになった要祐。

部室に入ろうとしたそのとき、声がしました。

「あのうわさってマジなの?」

否定すると、だったら堂々としてろと頭を撫でられました。

それが郁央だったのです!!

要祐には太陽の光のような存在に感じました。

郁央は女子生徒にも人気者で、グラウンドにはたくさん応援に来ている生徒がいました。

自分も女だったらあの中の一人だろうなと物思いにふけます。

要祐は郁央のようになりたくて練習を頑張りました。

郁央が卒業して会えなくなっても、その存在が心の支えになっていたようです。

要祐の想いは不純か!?

大学生になり、要祐にも彼女がいた時期がありました。

ある日のランチでの出来事。

要祐と彼女と松の3人でご飯を食べていました。

その時、松が郁央に妹の家庭教師を頼まれた話をしたのです。

要祐は過剰に反応してしまいました!

その反応を見て、松は要祐が恋する乙女みたいだと昔からイジられている話をします。

あこがれだと頬を赤くしてうつむく要祐。

しかしそんな反応を初めて見た彼女は嫉妬してしまいます。

実はホモなのと言われてしましました。

そういう下世話なところが好きになれないとハッキリ告げる要祐。

頭から飲み物をかけられてしまいました。

慌てて要祐を拭きながら松は…。

「無理して付き合っているように見えるときがある」

要祐の中でも葛藤があります。

自分の郁央への想いは、そういう意味での好きではない。

でないと郁央が汚れてしまうような気がしていたのでした。

5年半ぶりの再会

家庭教師の件で5年半ぶりに再会した日のこと。

要祐は郁央のかっこよさ目も見れない状態でした。

そうして妹の家庭教師として自宅へ通い、関わっていく中で郁央の弱い一面を知った要祐。

抱きしめたいと思いました。

ようやく自分の気持ちを認めた瞬間でした。

報われない想いだと思っていたはずなのに…。

郁央からの付き合ってみるかの一言。

要祐は思いがけずもたらされた延長戦で、少しだけ希望をもってしまったのでした。

新しい生活

要祐は新社会人になると同時に一人暮らしを始めました。

郁央も引っ越しの手伝いに来ています。

新しい環境で、新しい郁央との関係がスタートします。

片づけをしていると郁央の出た試合のDVDが出てきました。

もう何十回も見ましたうっとりしている要祐。

あの時も今も郁央はカッコ良いと伝えると…。

突然キスをされてしまいました!

「イヤだったか?」

要祐は首を左右に振って、顔を真っ赤にしています。

男相手でもあまり抵抗がないように見える郁央。

でもその先は分からないと要祐を押し倒してきました。

「ちょっと触らせてもらってもいいか?」

洋服の下から胸を、次に下着越しに下も触られます。

反応している要祐。

顔を真っ赤にして抵抗しますが、郁央に触られるだけこんなになる自分におどろいている様子です。

その時、郁央の携帯に着信が…。

妹への謝罪

電話は菜々で、手伝いに来たが道に迷ったということでした。

郁央は迎えに行き、片づけがほとんど終わったことを強い口調で菜々に伝えます。

「いちゃいちゃしてるとこ邪魔されて怒ってるの?」

ビックリする郁央は要祐から聞いたのか確認します。

しかしカマをかけただけだと菜々は怒りました!

菜々も要祐を好きなことを知ってて、付き合おうと言ったは自分だと。

最低な兄貴でゴメンと頭を下げるのです。

郁央が要祐に付き合おうと言ったことが引っかかる菜々。

郁央は今まで女の子にしか興味がなかったからです。

菜々は少し考えて、要祐のことを好きになったのか確認します。

郁央はもちろんと微笑むのでした。

3話の感想・考察

3話は要祐の過去の話が主に描かれていました。

高校時代の郁央を意識するようになったきっかけのエピソード。

自分の気持ちが受け入れられず、彼女を作ったりと葛藤した時期があったんですね。

しかし5年半ぶりの再会ですべて吹き飛んでしまいました!

さらに妹の菜々にも付き合っていることがバレていたりと急展開。

しかし、まだお互いの気持ちに温度差があるようです。

今後どのようにお互いの気持ちを理解していくのか。

過程を楽しみにしたいと思います!!

4話のネタバレ

会えない日々

要祐の社会人生活が始まりました。

郁央とは毎日連絡は取っているものの、会えない日々が続いています。

久しぶりに仕事が早く終わった要祐は、郁央にこれから会えないがと電話をしたのですが…。

休息は大事だから早く帰って体を休めろと断られてしまいました。

自宅で電話を受けていた郁央。

2人の会話を盗み聞きしていた菜々が背後にいました。

今の2人の状況にヤキモキしています。

疲れてる時こそ会って抱きしめてあげるのが一番の薬だと主張する菜々!

郁央は要祐のキャラじゃないし、仕事も大事だと話を分かってくれません。

菜々は手に持っていたタオルを投げつけて、その場を去っていきました。

翌朝、要祐が出社しようと玄関を開けると…。

ドアノブにビニール袋がかかっています。

郁央から、あまり無理するなよのメモと一緒に栄養ドリンクの差し入れでした。

要祐は差し入れを手にしながら、優しくしてもらって苦しい。

自分はなんてワガママなんだろうと思うのでした。

久しぶりのデート

今日は久しぶりに2人でお出かけです!!

郁央は要祐を待っている間に2人の今後について考えます。

自分はいったいどうしたいんだろうと…。

ただ触れることにはおどろくほど抵抗がなかったと、あの日のエッチな要祐の顔を反芻してしまします。

その時、タイミングよく要祐が来ました!

久しぶりに会った要祐を少し大人っぽくなったように感じた郁央。

郁央は頑張っているなと要祐の頭を撫でます。

しかし要祐は頬を赤くしながら、子どもみたいで恥ずかしいとうつむいてしまいました。

とにかく何か食べようと場所を移動することに!

電車が混んでいたので、郁央は要祐をかばうように立ち、道を歩く時も自然と要祐を歩道側に誘導する郁央。

要祐は女じゃないからそんなにかばわなくても大丈夫だと郁央に伝えます。

郁央はかばっているつもりありませんでした。

そして2人は有村家へ向かいます。

思い出のキーホルダー

久しぶりに入る郁央の部屋。

要祐は机に飾ってあったキーホルダーが目につきました。

郁央は誕生日と就職祝いのプレゼントと小さな箱を渡してきます。

中身は高価なボールペンでした!

ありがとうございますと受け取ってくれたものの、思ったよりも反応が薄いため心配になる郁央。

他にもリクエストがあれば聞くぞと言うと…。

要祐は先ほど目についたキーホルダーを見せてほしいリクエストします。

このキーホルダーは高校時代に郁央がバッグに付けていたものでした。

欲しければやるよと言われ、要祐はありがとうございますと大事そうに両手で受け取ります。

先ほどのプレゼントよりもキーホルダーの方がうれしそうにしている要祐。

その様子を見ていた郁央は照れてしまい、コーヒーを入れてくると部屋を出て行きました。

女の勘

コーヒーを入れているとバタバタと菜々が帰ってきました。

要祐を借りると言って、菜々の部屋に連れて行きます。

菜々は誕生日プレゼントを渡し、先日野球の日に電話をしなかったことを謝罪しました。

しかし要祐は謝らないといけないのは自分の方だと言います。

菜々の気持ちはうれしかったこと。

頑張っている菜々をみてて、一度くらいは勇気をだそう思えたこと。

ありがとうと言われた菜々は、要祐から不穏なものを感じました。

気まずい空気

今日は仕事終わりに要祐と食事に行く約束をしています。

入ったお店には郁央の会社の同僚3人いました。

相席を提案され、郁央は断ろうとしますが要祐が了承してしまいます。

2人でゆっくりご飯を食べようと思っていた郁央はガッカリ!

同僚と楽しそうに話をしている要祐を見ていると、だんだん郁央の中に黒い気持ちが込み上げてきます。

要祐がモテるだろうという話題になり…。

「コイツと話してても面白くないだろ?」

その場はシンとと静まりました。

瞬時に話題は森川さんと久保田チーフが別れたという話題へ。

要祐はムセたとトイレに席を立ちます。

追いかける郁央。

さっきの一言を要祐に謝罪します。

「本当のことだから気にしてませんから」

その後2人はお店を後にしました。

好意の返報性

帰り道、要祐は郁央に森川さんと付き合った方がいいと言ってきました。

要祐は郁央が自分に向けてくれている気持ちは「好意の返報性」だと、好意を無意識に好意で返そうとしているだけだと言います。

要祐は郁央とずっと一緒の未来は想像できない、いつか終わる関係だと思っていたようです。

「あこがれ」と「好き」を取り違えていただけだと…。

郁央は「好き」の一言を伝えたいのに、言葉が喉に詰まって出てきません。

そして要祐からサヨナラと笑顔を向けられるのでした。

4話の感想・考察

要祐の社会人生活の始まりです!

働きだすとなかなか会う時間が取れず、すれ違いが出てきましたね。

要祐は郁央のことがすごく好きだと思います。

郁央はなんだか一歩が踏み出せてないように感じました。

きっと両想いなのに…。

ここで菜々ですね、女の勘は鋭かった!!

彼女がどう動くかで、物語も進んで行くような気がしています。

2人の背中を押せるのか、期待したいと思います。

5話のネタバレ

雨の日

雨の日の朝、朝食を食べながら菜々は郁央から要祐と別れたと報告された時のとこを思い出していました。

その時、菜々の携帯が鳴り、連絡相手にビックリするのですが…。

郁央は要祐に連絡しましたが、何も返事がありません。

気晴らしにバッティングセンターへ行きます。

そこで後輩の松と偶然に会いました。

要祐の様子を聞くと、少し痩せていたと!

郁央は松に恋愛相談をします。

それなりに恋人らしいことはしてたつもりだったと言う郁央の一言に対して松は…。

「恋人らしい」とか「つもり」とかそんな恋愛ごっこじゃあるましい

郁央は要祐に対して、形だけ取り繕って接していたことに気づくのでした。

要祐からの呼び出し

菜々へ連絡してきたのは要祐でした。

要祐は、誕生日プレゼントにもらったボールペンを郁央に返してほしいと菜々に頼みます。

菜々は郁央が今まで見たことがないくら腑抜けていること、要祐は特別だったことを強く訴えます!

しかし要祐は、この先自分はお荷物にしかならないと言ってうつむくのです。

その様子を見て、菜々は何も言えなくなってしましました。

菜々、奮闘する!

菜々が自宅へ帰ると郁央がリビングにいました。

タイミングよく、菜々の携帯へ要祐から電話が!!

電話を聞いていた郁央は、菜々に要祐と会ったのかとつめよります。

菜々はボールペンを返すように頼まれたと言って、郁央の胸へ押し付けました。

やるよと言って、自分の部屋へ逃げようとする郁央に菜々は…。

そんなに忘れられないなら会いに行けばいい!

要祐に自分の気持ちを伝えたのか?

好きだと、離れたくないとちゃんと言ったのか!?

泣きながら郁央へ訴えてきました。

ゴメンと言って菜々を抱きしめる郁央。

菜々に嫉妬していたことを打ち明けると、好きなら嫉妬するのは当たり前だと言われてしまいました。

菜々は要祐がキーホルダーだけは返したくないと言っていたことを教えてくれます。

まだチャンスはあると、郁央は出かけてくると家から出ていくのでした。

追いかけっこ

郁央は要祐の自宅に来ましたが、インターフォンをならしても反応がありません。

玄関の前で待つことにします。

しばらくすると要祐が帰ってきました。

郁央はキーホルダーを返してほしいと言いますが、要祐はこれだけは返したくないと言って走って逃げてしまいます。

追いかける郁央!

ようやく要祐を河川敷で捕まえましたが、2人とも転んでしまいボロボロです。

郁央は再度返すように促しますが、イヤがる要祐。

要祐はキーホルダーを郁央の代わりにしようとしていたようです。

そんなこと許せないないと…。

「お前のことが好きだ」

郁央はやっと要祐に伝えることができました!!

2人を結んだキーホルダー

しかしウソだと信じない要祐。

郁央はあんなキーホルダーで喜んでくれたことが、泣きそうにうれしかったことを要祐に伝えます。

要祐が望むなら心も身体も全部やるから、俺のことを諦めないでほしいと郁央は要祐を抱きしめました!

要祐は泣きながら諦めなくてもいいのかと問いかけ、郁央はそばにいてくれとキスをするのでした。

仕事が休みの日に、2人は公園でキャッチボールをしていました。

郁央は今度野球観戦のリベンジをしようと提案します。

そして思いついたように、要祐とリベンジしたいことがもう一つあると!

それを聞いた要祐はビックリしてボールを落としていまいまいた。

リベンジ

場所を移動して、要祐の家で交代でシャワーを浴びています。

要祐はなかなかシャワーから出てこず、心配する郁央。

ようやく出てきた要祐を抱きしめました。

要祐は以前いい雰囲気になった時に郁央が反応してなかったから、無理をしているのではないかと心配します。

郁央はそれはタイミングが合わなかっただけで、どれだけ悶々としていたかを力説しました。

もういいと真っ赤になる要祐。

キスをしながら郁央は要祐に抱く方と抱かれる方、どっちがいいか確認します。

要祐は抱かれる方だと思い準備をしていたと郁央に伝えました。

そして下をいじり、胸をさわりながら要祐を気持ちよくしていきます。

要祐も郁央にさわりたいと、郁央の下を舐めてきました。

郁央はされている間も要祐の中のいい所を探し、探り当てた時には要祐は気持ちよくてイってしまいました。

2人は繋がろうとしますが、要祐が後ろからではなく前からがいいと希望します。

煽られながら、郁央は前から要祐の中に入っていくのでした。

事後、郁央は幸せを噛みしめています。

しかし要祐から身がもたないから月1でお願いしますと言われてしまい…。

郁央は、先輩命令発動しようかなとつぶやくのでした。

5話の感想・考察

最終話でした!

感想としては、2人が結ばれてよかったの一言です。

途中どうなるのかとハラハラしてしまいました。

しかし一番頑張ったのは妹の菜々なのではないかと…。

女は強しということでしょうか!?

読み始めは三角関係なのかと思っていましたが、菜々がいたから2人は結ばれることができたのではないかと思います。

できたら郁央と要祐のラブラブなところをもう少し読みたいなと思いました。

この作品はキャラクターの感情面も細かく描かれて、とても読み応えがありました。

次回作にも期待したいと思います。

この続きはネタバレの文章よりも今すぐマンガでドキドキしてみませんか!?

この後紹介するまんが王国を利用することで、「サヨナラゲーム」を格安で読めちゃうんです。

「サヨナラゲーム」をもっとおトクに読む方法はコチラ!

コチラのサービスでは、待たずに最新の人気マンガを楽しむことができます。

さらにマンガだけでなく、好きな映画や音楽も格安で楽しめるところも増えてますのでのぞいてみる価値は十分です!

すべてのサイトでお試しすれば、格安で全巻読破も夢じゃ有りません!

U-NEXT

コチラもテレビCMで放送されています。

マンガの購入価格の40%がポイントとしてバックされるのが大きいですね。

  1. 無料期間は31日間
  2. 解約手続きが超カンタン!
  3. マンガ全巻40%ポイントバック!
  4. 月額1990円(税抜)
コミック.jp

30日間無料のキャンペーン実施中!

マンガの配信数は国内最大級!話題の新刊や定番の作品も読めます。

毎月1330ポイントがもらえるお得なサービスなんです。

さらに2021年2月1日18時までお試し期間にもらえるポイントが、通常675ポイント→1350ポイントにアップで超おトク!

  1. 30日間の無料お試しが楽しめる!
  2. 無料マンガは定期的に変わるので登録しておいて損ナシ!
  3. 購入金額の10%がキャッシュバック!買えば買うほどおトクに楽しめる。
  4. 毎月1350ポイントがもらえます!
ブック放題

人気雑誌200誌以上、名作マンガは20000冊以上、さらに「るるぶ」を始めとした旅行ガイド誌100冊以上1ヶ月無料お試しで読める!

スマホやタブレットだけでなくPCでも利用可能なんです。

ブック放題はこれまではソフトバンクで利用できるサービスでしたが、それ以外のスマホやPCでも楽しめるようになりました。

  1. 1ヶ月間の無料お試しができる!
  2. 月額会員で500円(税抜)
  3. マンガの電子書籍にありがちなスマホのみ…ではなくPCでも読める!
  4. 全都道府県のるるぶが読み放題!(月額で一番安いんです!2020年11月時点)
ebookjapan

世界最大規模の配信サービス、ebookjapan。

ただでさえ書籍の配信数が21万冊という超・大ボリュームというのに加え、その中でも漫画は他を圧倒する21万冊!

漫画をスマホで楽しみたいすべての方にオススメの配信サービスがebookjapanなんです。

  1. 無料作品が9000作品も読める!
  2. 漫画の背表紙で整理できるのはebookjapanだけ!
  3. 月額登録ではないので、登録しておくだけしておいて読みたい分だけ課金して楽しめる!
  4. もちろんクーポンも充実してます!
FOD PREMIUM

ご存知フジテレビの運営するFOD PREMIUM。

ドラマの印象が強いですが、モチロン電子書籍も楽しめますよ!

もらえるポイントが多いのも特徴の一つです。

  1. 無料期間は2週間
  2. 月額888円(税抜)
  3. マンガ全作品20%ポイント還元!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる